ノーマーク茶柱党へようこそ!!このHPはまったりお茶でも飲みながら将棋の総合アミューズメントパークを目指すページです。


ホーム
 > 日常コラム
  > キッチンの問題児
 キッチンの問題児

 ここに著者近影っぽいかんじで写真を載せています。本人としては茶目っ気のつもりなんですが、もちろんこれ私の写真ではなく、ヤカンにメガネをかけさせてます。まあそれはいいんですが、このヤカンがもう、まあ信じられないぐらいものすごいアホなんです。 別にこのヤカンは100均とかで買ったわけでもなく、たしか700円ぐらいでデザインが気に入って買ったものです。しましまあ設計ミスというか、つっこみどころたっぷりのシロモノでして。

 まず、これはよく見てもらえればわかると思いますが、なんとフタがありません。買う前に気付かなかった私も私ですが、いざ使ってみようと思ったらフタがなかったときの衝撃たるや・・・だってフタがないヤカンなんて見たことありますか?しょうがないのでこのヤカンをつかうときはお湯が出てくる注ぎ口から水を補充することになります。口から食べて口から排泄するようなナマコと同じ構造をしているわけです。そんな作りになっていますから当然の如く中を洗うことなんて不可能。これを欠陥といわずしてなんという?

 もう一つの欠点はフタにくらべればそれほどのことでもないんですが、最近よく見かけるヤカンと同様にこのヤカンには注ぎ口にフタがついています。最近のヤカンは大抵お湯が沸騰したらピーッと音が鳴るよう、こういうフタがついていますよね。なので水を入れ火にかけ、カップラーメンの準備をしてお湯が沸きあがるのを待っていました、が。・・・なかなかお湯が沸騰しないのか、一向にピーッと鳴る気配がない。待てど暮らせどお呼びはかからず。おかしいなと思って見に行ってみると、すでヤカンはシュッシュと蒸気を吐き出してました。ひょっとしてフタを閉め忘れたから鳴らなかったのかとも思ったんですがフタはちゃんとしまっていました。結論から言うと、このフタは本当にただのフタで、音なんて鳴らないつくりになってるんです。「なに勝手に音が鳴ると思い込んでるの?」ってヤカンにバカにされた気分でした。じゃあなんでこんなフタついてるの!?ていうかそれより先に水入れるためのフタ作れよ!!

  まあそれでも買ってしまったものはしかたないので今もこのヤカンはうちの台所で使われています。できない子ほどかわいいといいますか、それなりに愛着というものも沸いてきた気がします。しかし、それでもやはり中を洗えないというのは気分的に気持ちが悪いもので。買ってからもう四ヶ月になるんですが、さすがになかにカビが生えている可能性もあります。しかし、やはりフタがないのでそれを確認する方法すらなく。果たしてこれ、メーカーにクレームはこなかったのでしょうか?泣き寝入りという感じして少々イヤなんですが、仕方がないので現在買い替えることを検討中です。(2007/06/09)
 


<前のコラムへ      次のコラムへ >

inserted by FC2 system