ノーマーク茶柱党へようこそ!!このHPはまったりお茶でも飲みながら将棋の総合アミューズメントパークを目指すページです。


ホーム
 > 将棋コラム
  > プロ棋士とお金
 プロ棋士とお金

 昔からプロ棋士という商売が不思議でした。なんで将棋を指しているだけでお金がもらえるんだろうと。別にプロをバカにしているわけじゃなくて、システムとしてどうやって収入を得ているのか?という純粋な疑問です。例えば野球で言えば、阪神対巨人戦を甲子園でやった日には一枚数千円のチケット(ダフ屋で買ったら数万円になっていたという話もよく聞きます)を買った客が押し寄せ、収容キャパ6万人の甲子園が野球ファンで満員になる。単純に考えるともし全員が定価で買ったとしてチケット一枚の平均額はだいたい2千円程度。単純計算してみると2千円×6万人=1億2千万円の利益。そりゃ儲かるわなあ、というのが納得のプライスです。その上テレビの放送権やグッズ販売まであるんだから年棒一億オーバーがゴロゴロいるのも当然かな、という気がしてくる。

  さて、それでは一方我々の趣味である将棋はというと。一応ビッグなタイトル戦ともなると大盤解説というのがあって一枚2千円という値段でチケットが売られている。で、観戦記を見ると「大盤解説には100人以上のファンが詰め掛けた」とか書いている。えーと、一応計算すると2千円×100人=20万円(電卓いらんかった)。・・・やすっ!しかも大盤解説なんてタイトル戦や順位戦の最終局ぐらいしかやらない。こんなもんじゃとてもプロは食っていけないはずだ。でも、将棋のグッズなんて別に買わないしなあ・・・せいぜい定跡書や詰将棋の本を買うぐらいかな。それだって阪神タイガースのメガホンより売れているとはとても思えない。そんな中、羽生さんが年収一億とかいう話が耳に入ったりもする。いったいどうやって儲けてるの??

 と、まあ子供心にずっと不思議だったわけですが、そんな私がこの疑問に対する答えを知ったのはいつだったか。ネット上で誰かに教えてもらった気がする。まあ、正解は「新聞社からお金をもらっている」だったわけです。最初は正直意味がよくわからなかった。なんで新聞が金を出さないといけないのかと。詳しく話を聞いているうちに、あの新聞の中でちょびっとだけ載っている将棋欄のおかげでプロの世界が成り立っていると知ってびっくり。ずっと不思議だった謎、答えを聞いてもやっぱり不思議でした(汗。

  それにしてもあの数センチ四方の記事のためにウン千万という賞金がでているというのはすごい話ですね。おそらく、日本の古来からの伝統文化であるという付加価値や、ウチは無形文化にこれだけ金をかけているんだぞ、という新聞社の見栄みたいなものもあるんじゃないでしょうか?あの記事にどれだけの価値があるかはちょっと計りようがないので勝手なことは言えませんが。

 なんにせよ、プロ将棋というものはけっこう不安定な土台の上に立っているように思えます。一般のファンからの直接の利益だけではやっていけないということを現在のシステムは表しているわけですから。しかし、私のように持っている盤駒は併せて2500円、道場にも行かずネットでシコシコ指しているだけという将棋ファンなどはそういう金銭面で考えると日本将棋連盟にはなんら貢献していないわけで。もしそういうファンがけっこうな数を占めているのだとしたらそれは当然の話かもしれませんね。用具一つで数万円にもなるゴルフ等のスポーツに比べると、知的ゲームというのは非常にビジネスと絡ませにくいジャンルということでしょうか。 (2007/06/15)

<前のコラムへ      次のコラムへ >

inserted by FC2 system